オートリッチが公式に大損失を出しました

オートリッチが公式に大損失を出しました

しばらくチェックしていなかったのですが、協力者からの情報でオートリッチがまた損失を出していたことがわかりました。

今回は公式記録としての大損失です。公式記録でなければ、もう何度も大損失がありました。複数の口座で損失が生じても、オートリッチの公式記録には載せられない場合が多々あるためです。

が、今回は運営会社も認める損失ですので、今までの損失に比べて、より重要です。

公式記録によると、11月13日に、推奨投資金の4割を超える損失が出ていたのです。100万円で10ロットを掛けていた利用者の方々は、40万円を超える大損失です。

サポートの言うことに従って、口座を増やしてより多くの投資金を掛けていた方々は、損失もより大きくなりましたよね。

恐ろしい話です。

こうなると毎日3〜4万円の利益が出ていたとしても、一気にそれまでの利益が吹っ飛びます。そして、投資金が半減し、毎日の利益も半減し、次に大損失を被ると、また投資金と利益が半減するという、地獄のスパイラルに陥るのではないでしょうか。これが、「今までにない新しい投資サービス」といわれても、なんだか説得力がありません。

しかし気になるのは、なぜ今回の損失が公式記録に載せられたのか、ということです。オートリッチは、タイタンのブレード口座を公式記録用の口座にしていますが、これまでに、タイタン口座で損失が生じても、ほかに損失が生じていない口座があるときには、その損失を公式記録に載せておりません。ブローカーの相対取引が原因として、オートリッチの責任ではないと説明するのです。

しかし今回は大損失が公式記録に載るわけですから、これは、オートリッチを稼働させた全ての口座で損失が生じたと言うことでしょうか。たった3pipsでの利確なのですから、スピレッドとスリッページの問題で、たくさんのブローカーの様々な種類の口座がある中で、たまたま利確に届いた口座があってもおかしくないのですが、その点は謎です。

とにかく、今回、オートリッチが公式には2回目の大損失を出したということで、利用者の方々は今後もお気をつけくださいますよう、切に願います。

ほかにも情報があれば助かります。メールもしくはコメント、お待ちしています。

未分類カテゴリの最新記事