弁護士保険に入るのもよいでしょう AutoRich 被害者

弁護士保険に入るのもよいでしょう AutoRich 被害者

弁護士保険、というものについて、聞いたことがありますか?

数年前からメディアでは「痴漢冤罪保険」などと、面白おかしく紹介されていますが、これは痴漢に間違われた際にたくさんの弁護士に一斉送信メールができるというサービスです。

しかし、これはこの会社の提供する弁護士保険の補償内容のうちの、ほんの一例にすぎません。

もっとも活用できるのが、裁判する場合にその費用がほぼ全て保険でまかなえるというものです。

画像にはモザイクを入れております

保険料はというと、会社によって違いますが、ここ数年で人気が出てきて契約者が増えたからか、かなり安くなりました。

が、保険会社によって、補償内容にはかなり差があります。

私が数年前に入ったのは、年間で5000円ほどの弁護士保険です。年間でこの値段ですから驚くべき安さです。

ただし、補償内容は、契約者とその家族および住宅家財などが、他人から突然傷つけられ損害を受けた場合に、訴訟や交渉のための弁護士費用が200万円までまかなえるというものです。

つまり、怪我をさせられたり、物を壊されたりして被害者となった場合に限るということです。


そして、その後、また別の弁護士保険に加入しましたが、それは、様々な法律問題において訴訟や交渉、さらには法律相談に弁護士を使う場合に、その費用がまかなえるというものです。

つまり、被害者だろうが加害者だろうが、遺産相続、離婚問題などであってもよく、様々な争いで裁判をする場合に適用されます

また、保険料も月々3000円程度で、弁護士費用は1000万円まで補償されます。


すごいですよね。こんな保険があるなんて知ってたら、さっさと加入しておき、あとは裁判したい放題ですよね。

が、それは日本人の気性には合わないのかもしれません。

裁判は悪いこと。裁判するような人とは関わらないほうがいい。関わったら、こっちまで訴えられるかもしれない。裁判で訴えられたら悪い人。被告も、被告人も、悪い人。

それが、一般の受け取り方だと思います。

ですが、これからの時代、弁護士保険は大変役に立つはずです。使わなくて済むのが一番ですが、いざという時、裁判をすべき時には、保険を活用して堂々と裁判すべきです。

今回のことでも、もし皆さんが弁護士保険に加入していたら、費用のことなど考えずにもっと簡単に裁判できていたはずです。

皆さん、弁護士保険についてぜひご一考ください。


ただ、私から特定の弁護士保険を紹介することは、このウェブサイトの目的ではありません。
ご興味の方は「弁護士保険」で検索してみて下さい。

ただし、加入前の事件や加入後一定の期間内に起きた事件は対象になりませんのでご注意下さい。


未分類カテゴリの最新記事